お客様の声

田島接骨院、タシマサービスセンター、ホグレルフィットネスをご利用になったお客様の声です

おかげさまでご好評いただいております『田島接骨院』『タシマデイサービスセンター』『ホグレルフィットネス』。 多くのお客様の声をいただき、誠にありがとうございます。当スタッフは皆様の熱い声にお応えするべく、勉強に励んでおります。

またお客様のお声を参考に、似た症状や治したい部位など見つけられた方は、お気軽にご相談ください。

症状に関するお問合せ当施設へのご予約等は
ご利用になったお客様の声です

ホグレルフィットネス

会員様のご感想

会員様のご感想

八月 登ってきました!!(世界遺産タクツアン僧院 標高3100m)
往復7時間かかりました。

突然、一年半程前から膝に痛みがきて階段の昇り降り、椅子の立ち上がり、歩行も少し困難になりました。
なぜ・・?普段からウォーキング、体操などしていたのにこのままではもう旅行はできないと、覚悟しました。
自分の体は我流ではなく、良い指導のもとに自分できたえなくては、と三月の末、ホグレルにお願いしました。行きはじめて約半年。まだ痛みはありますが、旅行にも行ける自信ができました。
まだまだよい旅をしたいですから・・・次の目標に向かってゴーゴー
ホグレルには週3,4回仕事の合間に行くようにしています。トレーナーさん達はその人にあわせた指導、アドバイスをして下さいます。

年だからとあきらめないで・・・正しく運動していれば年令に関係なく筋力、体力がつくことがわかりました。

スタッフの人達、やさしくておもしろいですよ。皆さんも一緒に運動して楽しい旅をしましょう。がんばれ!!
                           M.Hさまより




2016-09-09 更新

※画像をクリックすると拡大します

土堂小学校 PTC

親子で出来るストレッチ!! 

9月27日にPTCきてくださってありがとうございます。

ぼくは、ストレッチをやったら前よりも体がやわらかくなった気がします。これからもぜひ土堂小学校にきてください。ありがとうございました。


土堂小学校2年
体操の先生へ


 スタッフからのコメント 

9月27日(土)に、土堂小学校にて2年生の親子を対象に、親子で出来るストレッチなどを、当社トレーナー津崎がレクチャーしてきました。子供たちが当日の感想を素敵な冊子にしてくださり、プレゼントしていただきました。その中から、何点かご紹介させていただきます。

2014-09-27 更新

※画像をクリックすると拡大します

土堂小学校 PTC

親子で出来るストレッチ!! 

9月27日(土)は、きてくださってありがとうございます。

とても楽しいPTCになったと思います。わたしは、一番、後ろむきのスキップと、ジャンプしてくぐるゲームがおもしろかったです。また来てくださったらうれしいです。つぎ来てくださったらもっと難しいのに挑戦したいです。


土堂小学校2年
体操の先生へ


 スタッフからのコメント 

9月27日(土)に、土堂小学校にて2年生の親子を対象に、親子で出来るストレッチなどを、当社トレーナー津崎がレクチャーしてきました。子供たちが当日の感想を素敵な冊子にしてくださり、プレゼントしていただきました。その中から、何点かご紹介させていただきます。

2014-09-27 更新

※画像をクリックすると拡大します

土堂小学校 PTC

親子で出来るストレッチ!! 

9月27日は、きてくださってありがとうございます。ぼくは、グーパーとびがうまくできました。グーチョキとびもできました。PTCに行ってよかったです。運動がすきになりました。来年も行きたいです。


土堂小学校2年
体操の先生へ


 スタッフからのコメント 

9月27日(土)に、土堂小学校にて2年生の親子を対象に、親子で出来るストレッチなどを、当社トレーナー津崎がレクチャーしてきました。子供たちが当日の感想を素敵な冊子にしてくださり、プレゼントしていただきました。その中から、何点かご紹介させていただきます。

2014-09-27 更新

※画像をクリックすると拡大します

近大福山 特別授業講義

目標を達成するアスリートに共通する心とからだの秘密 

5、6時間目の授業を受けての感想は2つあります。

1つ目は、自分自身がさらに成長するためには考えたりするだけで、ワクワクしたりイメージできる高い目標をしっかり立てるということです。このことにより、日々の練習もこなすのではなく、その目標に向けてどのような質の練習をしなければならないか、そこに到達するためにどう自分を+(プラス)の方向へ妥協せず追い込んでいけるか、意識することが大切だと思いました。

2つ目は、成功するための10の言葉に共通することは「長期目標」・「+思考」・「自分と戦う」どれをとってもポジティブな気持ちで、自分の目標にどれだけ情熱をそそげるか、自分自身に正直であれるかがこれから自分の成長していく上でとても重要で、試していきたいと思います。

今回の授業では、ムーブメントやトレーニングの仕方もとても大切ですが今の自分に大切なのは、メンタル面でいかに自分の長期目標に食らい付き、向き合うかを意識して生活と練習をしていきたいです。


2014-01-24 更新

※画像をクリックすると拡大します

近大福山 特別授業講義

目標を達成するアスリートに共通する心とからだの秘密 

アスリートの心得というものを知れてよかった。

前からアスリートの人達が普段からどのようなことを考えながら生活しているか、また、どうやったら技術が向上するか知れて良かった。

精神面、メンタルについては自分は自信がなかったので、どのようにすれば緊張しないか、どうやったらきたえられるかわかった。ルーティーンを大切にしたいと思いました。

実際にやったトレーニングやストレッチはとても参考になりました。少しやるだけで、すぐ体が温まったし今の自分の関節の可動域もわかりました。とてもかたかったです。

また、どこがかたいとどこをケガしやすいのかも教えていただいたので、自分でかたいと思ったところを中心にストレッチをしていき、ケガ防止をしていきたいです。

成長に役立つ10の言葉を忘れないよう心がけ、一流アスリートの姿勢になれるように、心も体もきたえていき一流のアスリートに近づけるように頑張ります!!

アドバイスありがとうございました。


2014-01-24 更新

※画像をクリックすると拡大します

近大福山 特別授業講義

目標を達成するアスリートに共通する心とからだの秘密 

アスリートになるための心得を知ることができました。

アスリートが身につけている正しい姿勢というものは、心と体の2つが合わさって、姿勢というものになるということ。

まずは心の部分では、ポジティブシンキングが大切ということ。

印象に残っているのは、「成長に役立つ10の言葉」・「夢を叶える」の話です。「油断大敵」ではなく、「不満大敵」という言葉も印象に残っている。

次に体の部では、栄養・休養・運動の三大要素をしっかりとすること。その中で運動のコアの強化、柔軟性の獲得を昨日は実際にやった。柔軟性のトレーニングは、どの部位も伸びて、運動する前にやるべきだと思った。

コアトレーニングでは、柔軟性とも連動してでき、けっこうしんどかった。

肩甲骨のトレーニングは、とても効果的で放課後の部活でいつもより肩が軽く感じられた。

今回受けた授業で教わったことを忘れず、これからもトレーニングを日頃からやっていき、活かしていく。


2014-01-24 更新

※画像をクリックすると拡大します

近大福山 特別授業講義

目標を達成するアスリートに共通する心とからだの秘密 

自分は、一流アスリートが身につけている心と体の姿勢についての講義を受けました。

まず、こころの姿勢では目標を達成するアスリートに共通のスキルがあり、「最大限の努力」・「正直さ」・「優秀さ」・「一貫性」・「過程を楽しむこと」が共通しているということを知りました。

そこで自分が考えたのは、この共通のスキルは自分が抱く大きな目標を強く達成したいと思っていれば、自然にできてくるものではないのかと思いました。

そして一流のアスリートは、それが自然にできていたのだと思いました。

講義の中では「成長に役立つ10の言葉」というものを聴きました。その中で一番共感した言葉は「近くを見る者は船酔いし、遠くを見つめる者は船酔いしない。」という言葉でした。

確かに目の前の成功や失敗にずっととらわれていると、自分の力を過信してしまったり、逆に希望を失ったり目標さえも見失ってしまうかもしれませんが、遠くにある目標をずっと見ていると、現状に満足しなかったり、失敗もどうしたらもっとよくなるかとプラス思考になれるのではないかと思いました。

自分は体育大学への進学を考えています。講義で聴いた内容をしっかり覚えて身につけこれから活用していき、目標を達成したいです。

2014-01-24 更新

※画像をクリックすると拡大します

近大福山 特別授業講義

目標を達成するアスリートに共通する心とからだの秘密 

授業を受けて、ためになることばかりでした。

中でも、成長に役立つ10の言葉の③番の現状を変えたければグチをこぼすな、④番の脳は自分が抱いたイメージを実現しようとする(働く)、⑨番の実力ある奴なんていない実行した人間がいるだけという10コの中でも、私は3つのことが心に残った。

他にもプラス思考に向かう方法で、音楽・呼吸法・上を向く・プラス思考・セルフトーク・日誌という6つのパターンがありました。

中でも、幡中幹生先生は日誌が大切と言われていた。

日誌には目標を書くこと、自分の描くワクワクする未来イメージしつづけることが重要と言っておられました。

私の部活では、毎日日誌を書いているので改めてこんな意味があるんだなぁーと思いました。

からだづくりに必要な三大要素は、栄養・休養・運動でバランスのとれた食事したりするということを知りました。

コアの安定性をやるキャットアンドドックというトレーニングでは動き方が難しかったです。

先生のやっているのを見ると簡単にできそうでも、自分でやってみるとなかなかできなかった。

今日はお忙しい中、特別授業を行ってくださいありがとうございました。


2014-01-24 更新

※画像をクリックすると拡大します

田島接骨院

患者様の声

田島接骨院を受診された患者様のご意見、ご感想 

17歳 男性
とても良いせっし方で、とてもていねいにケアをしてくれました。テーピング等などのサポート類の方もしっかりサポートできて、とてもありがたいです。
電気のケアも痛みも取れ私生活も楽になり、たすかっています。


2017-2-14更新

※画像をクリックすると拡大します

患者様の声

田島接骨院を受診された患者様のご意見、ご感想 

70歳代 女性
60才から始めた卓球をやりすぎて、膝を痛めて整形外科に通院していましたが、なかなか良くならず困っていた所を卓球仲間から田島接骨院を紹介され、人生初の接骨院通いをしています。初めはすごく痛くて半信半疑でしたが、今では少しづつ良くなり、膝だけではなく身体全体も柔らかくなり、軽くなった気がします。先生達もやさしく何でも話せて、緊張しないで楽しく治療を受けることが出来てよかったです。生涯スポーツのラージボール卓球をいつまでも続けられるよう、自宅でのトレーニングと田島接骨院での施術を頑張って続けようと思います。


2017-2-9  更新

※画像をクリックすると拡大します

患者様の声

田島接骨院を受診された患者様のご意見、ご感想 

17歳 男性
どこかケガをした時は、まず田島接骨院で診てもらっていて、とても信頼ができる接骨院だと思っています。ケガの治療だけでなく、鍛えたらいい場所やリハビリなども教えてもらい、スポーツをやっている僕には本当に助かっています。若い人からお年寄りの人までみんなにお勧めの接骨院です。


2017-2-9  更新

※画像をクリックすると拡大します

患者様の声

インソールを作成された患者様のご意見、ご感想 

左足の中指のつけねの痛み(モートン病)14歳 女性
部活が終わった後に、少し、痛みが気になって病院に行ったら、偏平足で「モートン病」と言われました。接骨院でインソールをつくってもらって、前よりも、部活をする時に、足が少し楽になって、プレーしやすくなりました。
偏平足がひどいと言われたので、インソールで、少しでも良くなればいいなと思いました。


2016-10-31 更新

       ※画像をクリックすると拡大します

患者様の声

インソールを作成された患者様のご意見、ご感想 

アーチが下がって起こる痛み 14歳 女性
私は今回インソールを作ってもらいに来させてもらいました。女性のスタッフさんの対応がとても素晴らしく、分かりやすい説明でした。インソールを付けて、プレー(バレーボール)をした感じもよく、足にフィットする感じです。とても良い物を、ありがとうございました。


2016-10-26 更新

※画像をクリックすると拡大します

患者様の声

インソールを作成された患者様のご意見、ご感想 

膝下痛 15歳 男性
インソールを入れ出して最初は全く変化がなかったが、2週間くらい続けていると痛みが少しずつ引いてきた。少し痛い時もあるが前に比べたらすごく楽になった。私はバレー部なんですけどジャンプの際に、膝に気を使わず、おもいっきり跳べる様になったり、膝をまげるのにも躊躇しなくて良くなった。


2016-10-26 更新

※画像をクリックすると拡大します

患者様の声

インソールを作成された患者様のご意見、ご感想 

疲労骨折 13歳 女性

今回インソールを作って、自分のアーチがあがった気がしました。運動している時に、アーチをあげることで、疲労骨折の痛みもなくなり、バランスもしっかりとれるようになりました。また、ひものむすび方も教えていただき、運動している時のねんざを防げたと思います。インソールを作るだけでなく、自分の足にあったシューズを作れたので良かったです。改めて、アーチの大切さをわかることができました。

2016-10-19 更新

※画像をクリックすると拡大します

患者様の声

インソールを作成された患者様のご意見、ご感想 

膝痛、偏平足 33歳 男性

フットサルをしていて、ひざの痛みやヘンペイ足であることからの足のつかれ等で悩んでいましたが、インソールを作って1カ月程フットサルをしていますが、ひざへの負担やつかれ等が減った、もしくは軽くなった気がします。今後も使用を続けたいと思いました。

2016-10-19 更新

※画像をクリックすると拡大します

患者様の声

インソールを作成された患者様のご意見、ご感想 

腰痛、両膝痛 66歳 女性
歩行時、踵から着地して足趾で土地を蹴ると言う、正しい歩行が出来ているように思います。両膝の中心が、第2足趾辺りにあるように思います。歩行の姿勢が良くなり、自然に下腹部に力を入れて歩いているようになっていると思います。



2016-10-19 更新

※画像をクリックすると拡大します

患者様の声

インソールを作成された患者様のご意見、ご感想 

足首捻挫 37歳 女性
今回、娘の足首捻挫でお世話になりました。娘の足の形の事など親切に教えて頂き、この度シューズにインソールを入れる事にしました。娘が、痛みなく運動ができると嬉しいです。これからもよろしくお願い致します。



2016-10-17 更新

※画像をクリックすると拡大します

第11回おのみち100km徒歩の旅

救護係の方々からお手紙を頂きました! 

幡中先生へ

 第11回おの100では、お忙しい中本番前、本番中に数々のテーピングの手法を教えていただき、本当にありがとうございました。お仕事の後でお疲れにも関わらず宿泊地に来て下さり、追加のテーピング手法や救護係としての心構えなどを教えていただいたことは、本番中の大きな心の支えになっていました。私にとって今回のおの100は「本当の優しさ、厳しさ」とはを深く考えさせられた回であったと感じていますが、幡中先生の教えは、心の中に強く残っています。大学4年という節目の年に救護係としておの100に関われたこと、幡中先生の指導をいただけたこと、その他田島接骨院の皆様とのご縁を頂けたこと、この貴重な経験を必ず将来の糧にしていきたいと感じています。

また、幡中先生のますますのご活躍および田島接骨院の一層のご発展を心よりお祈り申し上げます。 すだち


 お久しぶりです。救護係リーダーのおかぴです。今回は、第11回おの100の開催にあたり、たくさんのご協力ありがとうございました。幡中先生は、救護係のメンバーに愛情を持って今まで指導して下さいました。本当に感謝しています。

テーピング指導もそうですが、幡中先生からは、一番に子どもたちに向き合う姿勢や救護係のあるべき姿を教えていただきました。本当にその教えは心に残っています。

本番中も遠い所、お忙しい中様子を観に来て下さり、私たちの心の支えとなっていました。有り難うごいます。お仕事をされる中で、きっと幡中先生は「安心感を与えること」を大事にされているのだろうなと思います。私も自分の行う仕事に誇りを持っていきたいです。来年もよければ、この事業に関わっていただきたいと思っています。またお会いする時は、もっと成長した姿をお見せできるよう頑張っていきます。 おかぴ


その他、救護係メンバー全員の方から、お礼のお手紙を頂きました。しいちゃん・ドク・ローラ・ななみ・くらら・じゅんや・すだち・おかぴ 皆さん本当にありがとうございました☆


2013-10-19 更新

※画像をクリックすると拡大します

第11回おのみち100km徒歩の旅

救護係の方々からお手紙を頂きました! 

田島接骨院スタッフの皆様へ

 この度は第11回おのみち100Km徒歩の旅の開催にあたって、たくさんのご協力を頂き、誠にありがとうございました。幡中先生、原先生を始めとする田島接骨院の方々のお力もあり、8月10日に参加小学生109名全員、学生リーダーと共に白いゴールテープを切ることができました。本当に感謝の気持ちで一杯です。テーピング指導を始め、救護係としての姿勢も先生からたくさん教えていただきました。救護係一同、今後につながる貴重な経験をさせていただきました。

是非今後とも、よろしくお願いいたします。


原先生へ

 こんにちは、救護係のドクです。おの100での準備期間中、本番中ではお忙しい中大変お世話になりました。ありがとうございます。毎日宿泊地に来て下さり、本当に感謝しています。幡中先生は「相手に安心感を与えることが大切」と教えて下さりましたが原先生が来てくれることが救護係の安心感でした。来年は救護係のメンバーは変わりますが、ご都合が合えば是非来年もよろしくお願いいたします。 ドク


 お久しぶりです、ななみです。原先生も同じ出身地で、年も近くて親近感がわいています。原先生には準備期間から本番まで本当にお世話になりました。本番前日に勤務時間にも関わらず、テーピング指導していただいてありがとうございました。原先生と幡中先生のお陰で安心することができました。それから特に原先生には、本番中お世話になりました。子どもの様子を見ていただいたこともそうですし、学生のテーピングをしていただいたこともそうです。毎日お仕事終わって疲れているのに、笑顔で対応して下さって、ありがとうございました。原先生に何度も「大丈夫よ!」と声をかけていただいて安心して涙が出ました。ありがとうございました。本番では、たくさんの失敗をしてしまい、頼もしい姿を見せることができなくて残念です。本当にたくさんサポートして下さったのにすみません。幡中先生も原先生も素敵な方で、笑顔も雰囲気も優しくて、強くて頼りにしていました。原先生!本当にありがとうございました!原先生と出会えて本当によかったです。これからも体には気を付けてお仕事とお勉強頑張って下さい! ななみ


その他、救護係のメンバー全員の方からお礼のお手紙を頂きました。本当にありがとうございました☆

2013-10-19 更新

※画像をクリックすると拡大します

患者様のご感想

腱鞘炎  33歳・女性 

いつも同じ位置、同じ姿勢で子供を抱いているうちに、左手首が腱鞘炎になってしまいました。他の医院では、手首の痛む部分だけ電気治療をしてからマッサージをして終わり、という治療でしたが、田島接骨院では全身を施術して下さいました。

そして、「痛むのは一部分だとしても、全体の血液の循環が良くならないと治らない」ということをとても分かりやすく説明して下さいました。

育児中は、同じ姿勢で長時間抱っこをしていたり、子供の目線でいることで、背中が丸くなっていることが多くなりがちですが、育児の合間に効果的なストレッチができる方法として「ラジオ体操をする」というアドバイスをいただきました。

痛みをやわらげるだけでなく、その後も元気に日常が送れるよう、とにかく体のことを想って、ていねいな治療をして下さいます。そんな治療を受けるうちに、私も自分の体のことをもっと考えるようになりました。

「カラダ」のことを知り尽くした、勉強熱心で患者想いの先生のことは、本当に信頼しています。


2013-07-04 更新

※画像をクリックすると拡大します

講義を受けて

朝日専門学校の生徒さんより  

柔道整復師の役割、柔道整復師になる為に必要な力について考える、とても興味深いお話でした。

医療・介護業界を担う、一職種としての魅力をとても感じました。

この業界はライバルが多く、またドクターの先生方との連携が必要とされる中、いかに他の柔道整復師よりも施術の効果を示し、いかに信頼を築けるかがとても重要であると気づきました。

今はまだ、知識も経験も浅い未熟な学生と扱われる現場で、これから多くの経験を積み重ね失敗も経験し、卒業して社会に出て、柔軟に対応が出来る柔道整復師を目指そうと思います。

焦る気持ちでいっぱいだったのですが、焦らず自分のペースで進み根の部分をしっかりさせていきます。

本日はありがとうございました!!

2013-07-03 更新

※画像をクリックすると拡大します

講義を受けて

朝日専門学校の生徒さんより  

本日の講義を聞かせていただいて、改めて自分が何でこの学校に来て、何で柔道整復師になりたいのかということを、改めて再認識しました。

活動の幅が増えている中で、僕は機能訓練に興味があるので、とても興味深い話をしていただいたと思っています。

1番印象に残ったのが、実際に臨床現場に出て経験を積まないと、知識だけでは対応が出来ないことを痛感しました。

レントゲンの写真もどこが折れているのか、脱臼しているのかなど、見つけることが出来なかったし、僕はまだまだと思ったのと同時に、この先勉強していく中で国家試験に合格して、レントゲンを見ても、臨床現場に出ても、人より秀でた柔道整復師になると強く思いました。

本日のご講義を自分の力に変えて、これからも頑張っていこうと思いました。本日はありがとうございました。

2013-07-03 更新

※画像をクリックすると拡大します

講義を受けて

朝日専門学校の生徒さんより  

私はこの学校に入る前まで、スポーツ外傷が診れる柔道整復師を目指していました。しかし、半年間研修に行かせていただいていた接骨院で、多くのお年寄りの方々と接するうちに、日々の生活の質が向上しているのを見て、柔道整復師として、出来なかった事が出来るようになる手助けができるかを目標としていきたいと思いました。

今回の講義を受け、スポーツをする人に対しても、お年寄りにもさまざまな方法で、生活の質を上げ、ケガの予防まですることを学びました。私がこの資格を取り、現場に出たとしても戸惑うことばかりだと思いますが、しっかりと目標を持ち、周りの方から知識を得ながら、成長していければいいなと思いました。

2013-07-03 更新

※画像をクリックすると拡大します

講義を受けて

朝日専門学校の生徒さんより  

本日の先生の講義を受講し、常日頃より柔道整復師とは何かと、明確な答えがでずにいましたが、先生のお話で、本当に求められている柔道整復師、私自身がなりたい柔道整復師がこうであるのでは、と知ることができ大変よかったです。有難うございました。

常に学びの姿勢を忘れずに、誰かに喜んでいただける柔道整復師を目指したいと思います。

今日はご多忙の中、貴重なお話をしていただき有難うございました。

2013-07-03 更新

※画像をクリックすると拡大します

講義を受けて

朝日専門学校の生徒さんより  

柔道整復師はレントゲンが使えない。手術もできない。など、今まではマイナスの面ばかり考えていました。

肩関節の脱臼骨折のレントゲンを見せていただいた時に、非観血的療法でとてもきれいに整復しているのを見て驚きました。骨折してしまったら整形外科へ行くという考えを柔道整骨院を目指している私でさえも持っていました。

ですが、手術を行った際、関節可動域に制限が出るという話を聞いて、柔道整復師が手で触れて、手で感じて、手で整えるということが、どれほどすばらしいことなのか、実感しました。

幡中先生の話にもあったように、学校での勉強だけでは、技術は身につかないということを日々痛感しています。

学生のうちにできることはしっかりとこなして、将来の自分に役に立つような土台を築けていけるように、頑張りたいと思います。

本日は本当にありがとうございました。

2013-07-03 更新

※画像をクリックすると拡大します

講義を受けて

朝日専門学校の生徒さんより  

卒業してから、研修の期間が重要で、とても大切な時期だと改めて感じました。

観血療法が出来ない、薬を出せないなどの弱点は考えることはあっても、柔道整復師の長所を考えることはなかったので、今回無血整復術などについては、周りから高評価と聞き、もっと長所について考え、がんばろうと思いました。

それと、柔道整復術と柔道との関係について、なぜ柔道をするのか意味が分からないですが、手の持ち方、体の構え方など、整復の際に関わっていることを初めて知り、柔道も考えながら取り組もうと思えました。

骨肉腫などレントゲンをたくさん見せていただき、とても勉強になりました。

2013-07-01 更新

※画像をクリックすると拡大します

講義を受けて

朝日専門学校の生徒さんより  

柔道整復師として、本来あるべき姿の軸を保ちつつ、固定概念にとらわれず、本質を見極めながら様々なニーズに応えられるよう変化していくことで、道が開けることが理解できました。

滋味を養うことを念頭に置き、まずは資格を取得します。

卒業後の方向性を考えることができる講義をして頂き有り難うございました。

2013-07-01 更新

※画像をクリックすると拡大します

前腕骨骨折の患者様のご感想

左前腕骨骨折で受診された、58歳 女性 

友人の紹介で、田島接骨院で骨折の治療を受けています。
病院だと骨折の場合は、ギブスで1ヶ月位固定するのでしょうが、田島接骨院では、ケガの状態を見ながらまわりの筋肉のリハビリも同時にしてもらうことで、回復が早いと思います。

また施術方法や、自分で行うリハビリを詳しく教えてもらうことで、不安な思いもなくなりました。


 スタッフからのコメント 

手術をしないで治す無血整復技法が、接骨院の特徴です。
切らないので治りもよく、軸を整えることにより機能障害も妨げます。

順調に回復され、私達も嬉しいです。

2013-06-30 更新

※画像をクリックすると拡大します

タシマデイサービスセンター

利用者さんからお手紙を頂きました

手作り作品を眺めては数の増す喜びを感じています。
年齢は重ねていても、常に新しい事に挑戦し、いつまでも生きてる限り
「今を輝いて生きて行きたい」と思っています。
友人、知人の話を聞いて、田島に来て良かったと喜んでいます。

職員の皆様に、海・山より深く高い恩を感じて感謝している毎日です。本当に有難うございます。

今後ともよろしくお願い致します。

と、お手紙を頂きました。


 スタッフからのコメント 

このようなお手紙を頂き、本当にありがとうございます。

いつも一所懸命にタシマ体操をされ、楽しそうに皆さんと話をしながら手芸をされている姿を見て、私達も嬉しく思っております♪

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

2013-06-27 更新

※画像をクリックすると拡大します

会社概要

会社名
有限会社 スポーツセラピ田島
代表者名
幡中 幹生
所在地
〒722-0037
広島県尾道市西御所町6-13
TEL
0848-25-5397
お問合せ
facebook
スポーツ医療先進国 アメリカの旅
Hogrel